自動車業務の電子化が来年から更に進む模様

自動車業務の電子化が来年から更に進む模様

和歌山県の行政書士橋本です。

今年の残りの営業日も一週間を切りました。

自動車業務においてはこの時期は急ぎの納車の車庫証明から丁種登録までが多い印象です。

丁種封印については、販売店について一定の制約がありますが他府県に車両があっても丁種会員の行政書士同士が連携することによって持ち込みなしで封印まで完了することができる便利なシステムです。

自動車業務は電子化が今後進んでいくので、紙ベースの手続きについては減少していくと思いますが、そのような中でも最後まで残るのは丁種封印業務であると思っています。

時代の流れに沿って、手続き業務は変わっていきますので臨機応変に利用者の役に立つ形で貢献していきたいと思います。

和歌山県で車庫証明代行や自動車手続きでお困りの方はお気軽に当事務所にご相談くださいませ。

お電話お待ちしております。

Follow me!