微妙な訂正印は困りもの

微妙な訂正印は困りもの

和歌山県の車庫証明代行などの自動車手続きを代行している行政書士橋本です。

本日は、橋本市、岩出市、かつらぎ町と車庫証明に回りました。

一番近い警察署で、訂正印が警察側のミスで押されていたのですが、なぜか車体番号に被って押されており、何とか車体番号が確認できるかなという状態でした。

このままでは、登録時に不安でしたので、登録担当事務所にメール送付し確認してもらいましたが、やはり「見えればOKですが」という運輸支局のお返事でしたた。

数字は見えるのは見えるので、よしとして送付しましたが、何かあれば当事務所が責任を持って動くつもりでいます。

それにしても、何とも身勝手な訂正印だと、腹が立ちました。

一人でもこのようなお役人がいると、国民が迷惑します。

このような無神経な訂正印(自分だけ良ければよい)を押すお役人は、早く窓際へ移動してくれることを切に願います。

 

 

 

Follow me!