行政書士による和歌山県の車庫証明日記 橋本市さつき台へ

行政書士による和歌山県の車庫証明日記 橋本市さつき台へ

 

和歌山県で車庫証明代行を行っている行政書士の橋本です。

やっとですが、和歌山県の私のもとにも「アベノマスク」が届きました。

予想通りというか、当たり前ですが2枚の布マスクだけです。

先行して、地元紀の川市から、50枚の不織布マスクがレターパックで配られています。

今更感がありますが、念の為保管しておきます。

 

さて、お仕事は今日は橋本市さつき台の車庫証明からスタート。

橋本警察署は入れ替え車両がある場合は、「車両番号と車体番号」が必須です。

チョとしたローカルルールですが、スムーズな申請のために、代替え車がある場は、「車両番号と車体番号」をメモ書きしてくださいませ。

今日は、ナンバー番号だけで、ダメ元で出だしてみましが、やはり必要でした。

即、お電話で確認して車体番号が分かりましたで、良かったです。

この取扱は、今後も変更なしということで、確定です。

帰りに、かつらぎ警察署へ交付受領にも寄りました。

 

お昼休憩後に、午後からの業務開始とします。

 

和歌山県北部、中部の一部地域で車庫証明でお困りの方はお気軽にご相談くださいませ。

 

 

Follow me!