六十谷と書いて「むそた」と読む

NO IMAGE

こんにちは。

和歌山県の行政書士橋本です。

 

今日は日曜日ですので、基本的にはお休みです。

ただし、事務所電話は繋がるようにしております。

 

和歌山の読みづらい地名

 

今日はちょっとした用事で、「和歌山市六十谷」へいきました。

お仕事ではありませんので、「のんびり」気分で移動です。

 

この「六十谷」という地名のところも時々、車庫証明でご依頼があります。

他府県からのご依頼ですので、お電話頂いた際に申請地をお伺いすると、

皆さん一様に「六十に谷なんですけど?」とおっしゃられます。

 

特殊な読み方の地名なので、読めなくて当たり前です。

ちなみに読み方は「六十谷(むそた)」と読みます。

 

JRの駅名でもありますから、和歌山北部では知られた地名です。

ですが、まったくローカルな読み方で、地区外の方は読めません。

 

和歌山県は変わった読み方の地名が多いように思います。

 

むかーしの事ですが「佐野」と書く地名を「さの」と読んだら、

「さやって読むんじゃ!」て怒られたことがあります。

 

それ以来、お客さんに電話する時には地名の読みは確認するようになりましたよ。

 

ということで、和歌山市六十谷の車庫証明代行しております。

お気軽にご依頼くださいね。

 

cropped-shashoshin.png