輸出登録仮抹消

中古自動車を輸出しようとするときは輸出抹消仮登録を行います。

 

登録自動車の所有者は、その自動車を輸出しようとする際には、道路運送車両法の規定に基づき、あらかじめ国土交通省(運輸支局又は自動車検査登録事務所)において「輸出抹消仮登録」の申請を行い、「輸出抹消仮登録証明書」の交付を受けなければなりません

この届出は輸出予定日の6ヶ月前から届出が可能です。

届出必要書類一覧

  1. 自動車検査書(検査有効期間が切れていても登録できます)紛失等して返納することができない場合は理由書を代わりに添付)
  2. 手数料納付書
  3. 輸出抹消仮登録申請書 : OCRシート(第3号様式の2)
  4. 所有者(輸出抹消仮登録証明書に記載される所有者)の必要書類
  • 印鑑証明書(発行日より3箇月以内のもの)
  • 本人申請する場合は、記名及び実印を押印
  • 行政書士に代理人申請を依頼する場合は委任項目が輸出抹消仮登録と記載された委任状(所有者の実印を押印したもの)
  • 住所、氏名等に変更がある場合は、自動車検査証の記載内容から現在までの変更内容が確認できる書類が必要です。
  • 所有者に変更(移転)がある場合は、移転登録を併せて行います。その為、譲渡証明書及び新所有者の住所を証する書面(住民票、印鑑証明書、登記簿謄本・正本等又はそれらの写しで発行後3箇月以内のもの必要が必要になります。

5.ナンバープレート(紛失等で返納できないときは警察署への紛失又は盗難の届出又は申告が必要)

6. 理由書 紛失や、盗難等の理由ごとに担当部署で事前に理由と受理番号を確認し、理由書へ記載します。

7.輸出抹消登録証明書を通関業者へ送り、輸出申告際に税関に確認を受けます。

税関の案内ページ

お見積もりお問い合わせはお電話又はメールにてご連絡お願いします。(秘密厳守)